SN3S1708
つい先日、図書館で予約していた上記の本「海賊とよばれた男」を借りて読むことが出来ました。
出光興産創業者をモデルとしたノンフィクションだったんですね…。
主人公や従業員の名前以外は本物の名前だと思います。しかし、内容が本当に凄かった…
戦後というまさにゼロから立ち上がろうとする中、国岡商事は石油会社でありながら社員を一人もクビにせず、ラジオ修理や漁業など様々な分野に飛び込んで会社を立ち直らせようとし、時にはGHQの嫌がらせで、国内に残っているタンクの底をすべて浚えという石統(石油配給統制会社)への要請…嫌味を、日本のためと儲け関係無く率先してどぶ浚いのような作業を行わせたなどなど、その道のりは果てしなく険しいものだったと思われます。
しかし、その中で導かれるものとして、「見ている人は見ているものなのだな」ということ。結局、これらの誠心誠意が、後にGHQや政府、さらには世界の石油連合「セブンシスターズ」のうちの1社でさえをも、国岡商事の魅力に敵うこと無く、逆に説き伏せられることになるのですから。
後半の話でイランから石油を取りに行った時の話は、それこそ食いつくくらいの読み方をしていましたね。
イギリス資本の石油会社を国内から追い出し、経済的に孤立を深めたイランのアバダン製油所に、自社のタンカーで石油を取りに行く…当時としてはこの「セブンシスターズ(七人の魔女)」というかつて石油業界を牛耳っていた7つの石油会社の有り様は、一言で言えば本当に酷いものばかりと思うし、あまりにも強大すぎる。なのに、ほとんどの期間精油設備を持てなかった、ただの一石油販売会社が、その「メジャー」相手に奮闘し、そして着実に勝利を収めていくこの痛快感。
置き換えると偏屈に思われるかも知れませんが、まさに今の行政の怠慢そのものを皮肉にも写し、それを踏み込んで改革し、日本のために奮闘する姿のように思えてなりません。しかし、理屈云々ではなく、筋が通っており、周りの者も頷かざるを得なくなる迫力は、主人公の持つ忸怩たる想いあってのことだと解釈しました。
この話で一番心に響いた文言は、主人公が会社を立ち上げる時に、何の見返りも求めずに大金を提供してくれた日田重太郎に言われ、自らも放った言葉で『(もし万策尽きた時には)その時は乞食をしよう』というその言葉。
この言葉、今の会社重役や政治家の皆さん、社員や国民に言えますか!?
「社員は、家族だ」
「出勤簿も定年退職もない」
「敗戦で0からの出発時にも社員の首を切らない」
「昔から収集し続けてきた骨董品や愛車などを売り、戦地に向かって帰ってきた社員に給与を自ら手渡しに行った」
主人公の年齢は戦後で還暦越え…そこからこれらの信念を崩すこと無く会社を建て直したどころか、日本…いや世界をも席巻する石油企業になり、多くの仲間を得ることになろうとは、誰も思わなかったでしょうね。
最初から資金提供し続けた日田は、主人公の頑張りを楽しみに見ていたわけで、いわゆる一心同体として共に歩んでいった一人。こういう良きパートナーに巡り会えるなんてことが、大きな鍵を握るワケなんでしょうね。
どこまでが本当のお話なのかは分かりませんが、リアリティ溢れた、久々に全体の話が震えるいいお話でした。
 
ちなみに、作者の百田尚樹氏は、「探偵ナイトスクープ」の構成作家でもあり、とある探偵依頼で出光興産のアポロマークにちなんだ話でこの小説を書くキッカケとなったそうです。ご本人もTwitterをされており、こちらは小説とはかけ離れた破天荒な性格者です(笑)
著書の一つでこちらも感動した「永遠の0(ゼロ)」という著書はまもなく映画が公開されるそうです。今度は「夢を売る男」という著書が読みたいですね。ある意味かなり危ない本だと伺っていますが、その危険度がどこまでのものなのか、拝見してみたいところです。
とりあえず、今の日本には失われつつある「真の日本人」を確かめるべく、読むことをお勧めします!!





 【勝手にスイッチとは】
このエントリーは、日ス輪(=「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪)のこの一週間に起こった出来事(政治経済その他諸々)をお楽しみいただくため、邪魔にならない程度のさし障りのない二択をお楽しみいただくコーナーです。
公式版「日本のスイッチ」は、平成20年9月末をもって終了しました。「勝手にスイッチ」は、『日ス輪』主宰・atsu様が勝手に出題している日本のスイッチ引継ぎ企画です。毎日新聞社とは一切関係ありません。なお、携帯電話からの参加もできませんのでご了承下さい。
日ス輪(=「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪)については、「atsuのB級ニュース批評」をご覧下さい。会員メンバーは当ブログ左サイドにも掲載しております。その他、会員規約等についてはこちらをご確認下さい。



今週の『勝手にスイッチ』(第228回分)】  


◆問1.山本太郎には中国・大連への移住を

  -勧めたい
  勧めない
はぁ?国会議員狙っておきながら、大阪で震災瓦礫処理のせいで親の体調が悪くなったと人のせいにするような腰抜け野郎なんざ、どこの国が拾ってくれると言うのだね??屁理屈並べるのも大概にしろと言いたいわ!!

◆問2.米倉涼子の女子高生姿を

  -見たい
  別に見たくない
興味ないです。

◆問3.日本は今も、著作権において敗戦国扱いでした

  ふざけんな
  -負けたのは事実だし仕方ない
ということは、今までどれくらい余計分な著作権料を払ったことになるのでしょうね?ほったらかしにしてきたカスラックにも十分問題はあるでしょうし、当時から音楽業界に国岡鐵造は居なかったようですね。

◆問4.レスリングのため、プーチンがIOCに直談判です

  頼もしい
  -頼もしくない
やってくれやってくれww オレし~~らない。

◆問5.駐車料金が1時間3000円の広島コストコは

  長続きする
  -長続きしない
最初この設問を見た時には「何を言っているのだ」フラグが立ちましたが、このコストコのシステムを見ると若干納得しました。若干というのは、会員制でかつ多くの買い物をするほど駐車時間が長くなるというもので、ショッピングモールみたいにマッタリ長々と過ごす場所では無く、買い物だけ駐車のための料金設定のようです。注意すべきは、安いとはいえあれだけアメリカナイズされたモノ総てを日本人が消費できるのか…という点です。利用している知り合い曰く、3親戚分も購入して分けるくらい多いらしいですから…(^^ゞ

◆問6.ゲームクリエーター・飯野賢治が手がけたゲームを

  -やったことある
  やったことない
そもそもアーケードを含めSEGAのゲームをやったことすらありませんでしたからね。しかしながら、若すぎる故の訃報に驚きました。ご冥福をお祈りします。

◆問7.韓国が日本に強硬措置を取ることを

  望む
  -望まない
show_image_v2
かえせ~~!!技術を~~!!!!
大丈夫、安倍政権が何とかしてくれるってww
このエントリーは、日ス輪(=「日本のスイッチ」で仲良くなったブロガーたちの輪)のこの一週間に起こった出来事(政治経済その他諸々)をお楽しみいただくため、邪魔にならない程度のさし障りのない二択をお楽しみいただくコーナーです。
※勿論、Twitterにて2月22日に同画像を使って「かえせ~~、竹島を~~!!」と叫んだのは言うまでもありません↓


◆問8.ビジネスホテルの部屋(土足OK)を裸足で歩くのに
  -抵抗ある
  抵抗ない
部屋に備え付けてあるスリッパは外用だとばっかり思ってましたww もちろん、部屋の中では裸足です。そもそも今御用達のスーパーホテルにはドア後「どうぞ靴を脱いでお上がり下さい」とまで書かれていますからね。


では、また来週です。


そうそう、mixi(CCWonline3)、とある事情で休止していましたが、つい最近になって復帰したので、こちらもよろしくです。